第4回 「実力判定模試」結果速報

富山県立高校入試育英模試 第4回 「実力判定模試」

(平成29年11月3日(金・祝)実施)

◆集計人数  2,528 人
◆平均点
総合 社会 国語 理科 英語 数学
130.2 26.3 24.3 24.9 26.9 27.7
 
高校別志望人数表(PDFファイル)←全高校データはこちらをクリック!
   ・高校別の今回模試の志望者数志望者平均点最高点を提示します。自分の志望校につい
    ての情報を手に入れよう!
 富山中部・富山・高岡高校データ 抜粋
志望校 第一志望 第一志望から第三志望
までの合計
人数 最高点 平均点 人数 最高点 平均点
富山中部 普通 160 183 154.1 394 189 159.5
探究科学 138 189 168.9 202 189 167.6
富山 普通 208 184 147.6 522 184 150.6
探究科学 72 186 155.5 281 189 161.1
高岡 普通 215 188 157.5 355 190 157.4
探究科学 60 190 168.3 128 190 165.4
 
得点分布表(PDFファイル)←こちらをクリック!
   ・総合,各教科の得点帯別人数表をご覧いただけます。全体順位や位置を知るのに最適です。
 5教科総合 得点帯別人数グラフ
 
◆各教科 設問のねらい、評価項目ごとの配点・結果、得点別人数
●社会
大問別の項目 配点 設問のねらい
南北アメリカの地理
8
地図や資料から、南北アメリカ大陸の特色がわかる。
近畿地方の地理
6
近畿地方の気候や産業の特徴をつかむことができる。
7~17世紀の歴史
7
7~17世紀頃の政治や文化を理解できる。
明治から平成の歴史
6
明治から平成の日本の歴史や、同時代の世界の歴史がわかる。
日本国憲法と人権
6
日本国憲法や人権の内容がわかる。
私たちと現代社会
4
現代社会について、理解することができる。
現代の生活
3
現代の生活の特徴が資料からわかる。
評価項目 配点 平均点
南北アメリカの地理  8 5.3
近畿地方の地理    6 4
7~17世紀の歴史  7 3.7
明治から平成の歴史  6 4.1
日本国憲法と人権   6 4
私たちと現代社会   4 3.1
現代の生活      3 2.1

【 採点者からひとこと 】
地理分野の問題では,資料の特徴を読み取る問題での間違いが多くみられました。大問1(3)①や(5)のような問題は,農業や貿易に関する資料を教科書で必ず確認し,その特徴を読み取る練習をしておきましょう。歴史分野の問題では,各時代の文化の特徴や文化作品は,教科書に載っているものに目通ししておきましょう。また,日本と外国の出来事のおこった年代の前後関係は,年表などでチェックしておきましょう。公民分野の問題では,教科書に載っている様々な図はノートに書き写すなどして,まとめなおしておきましょう。社会の学習を行うときは,必ず教科書を手元に置き,間違えた問題は教科書をみながら確認するようにしてください。【高岡本部校・嶋田】

 
●国語
大問別の項目 配点 設問のねらい
漢字の読み書き
6
既習の漢字を正確に読み書きできる。
文学的文章(随筆文)
12
場面をきちんと把握し、筆者の心情や考えを読み取ることができる。
説明的文章(論説文)
12
筆者の主張や考えを正しく読み取ることができる。
古典(漢詩)
4
漢詩の基礎知識を理解し、内容を正しく読み取ることができる。
課題作文
6
資料から読み取れる情報を、条件に従って文章にまとめることができる。
評価項目 配点 平均点
漢字の読み書き    6 3.9
文学的文章(随筆文) 12 7.3
説明的文章(論説文) 12 5.8
古典(漢詩)     4 2.3
課題作文       6 5

【 採点者からひとこと 】
漢字の読みはよくできていましたが、書きでは同音異義語の「転向」を正しくかけている生徒が少なかったです。普段からコツコツと漢字の練習をするようにしましょう。長文問題では、読解力と要約力を必要とする記述問題を4問出題しました。指示内容の不明確な指示語が含まれていたり、必要な内容が抜けていたりする答案が目立ちました。解答においては、「問われていることに対する答え」を意識して問題練習に取り組むように心がけてください。今回は漢詩を出題しましたが、記述問題で正答できていない生徒が多かったです。解くポイントは話の流れをつかむことです。苦手な生徒は古典を読む習慣を取り入れましょう。また、時間配分を考えて解くようにしていきましょう。【福光校・臼山】

 
●理科
大問別の項目 配点 設問のねらい
だ液のはたらき
5
だ液のはたらきについてわかる。
酸化銅の化学変化
5
酸化銅と炭素の化学変化について理解し、計算問題を解くことができる。
日本付近の天気図
5
日本付近の天気図についてわかる。
電気回路
5
直列回路、並列回路の特徴を理解し、計算問題を解くことができる。
ジャガイモの生殖
5
ジャガイモの生殖についてわかる。
地層
5
柱状図からいろいろなことを読み取ることができる。
電池
5
電池のしくみについて理解できる。
光の性質
3
光の性質について理解できる。
光と音
2
光と音の速さの違いについて理解できる。
評価項目 配点 平均点
だ液のはたらき    5 3.5
酸化銅の化学変化   5 2.8
日本付近の天気図   5 3.2
電気回路       5 2.8
ジャガイモの生殖   5 4
地層         5 2.9
電池         5 2.4
光の性質       3 1.7
光と音        2 1.7

【 採点者からひとこと 】
今回の模試では、既習事項の定着度を測るため基本問題を中心に出題しました。予想以上に正答率が低かったのは、3年生で学習した電池の問題で、大問7(2)③、(3)でした。電極表面の反応をモデル図などで理解し、化学変化をイオン式で書けるようにしましょう。また、イオンと電子の結びつきについても理解しておきましょう。次に、正答率の低かったのは、大問1(5)の実験結果から考察を書く問題です。だ液のはたらきは“温度に影響される”ことに着眼できず、単に“だ液はデンプンを分解する”といった内容の解答が多くありました。また、理科の得点で大きく差がつく大問2(5)、大問4(5)、大問8(2)は、徹底して見直しをしておきましょう。天気、地層、生殖の問題はよくできていました。入試では、観察や実験をテーマにした問題が出題されます。数多くの問題に取り組み、計算問題、記述問題にも慣れていきましょう【砺波校・藤井】

 
●英語
大問別の項目
配点
設問のねらい
【聞き取りテスト】
聞くこと
10
英語の説明や対話を聞いて、内容が理解できる。
【筆記テスト】
1.話すこと
9
いろいろな対話文の流れを理解し、それを表現できる。
2.読むこと
8
英語の長文を読み取り、それを表現できる。
3.書くこと
13
さまざまな場面に応じて、英語で表現できる。
評価項目 配点 平均点
聞くこと★リスニング 10 8.3
話すこと       9 6.8
読むこと       8 4
書くこと       13 7.9

【採点者からひとこと】
リスニング問題は,おおむね聞き取れている様子でしたが、問題Cの①で正しい数字をかけていない生徒が多くみられました。解答用紙の英文の意味が分からなかったのか、話された英語の「25歳から住み始めて今は30歳」という内容が聞き取れなかったのでしょう。どちらが原因だったかを見極め、文法を見直したり、英文を聞く訓練をしたりしましょう。筆記問題では、前回までに比べ、時間配分のミスが改善されたように見受けられます。対話文・長文では、日本語記述問題での空白が目立ち、差がついた結果となりました。本文の読み取りをしっかり行い、書かれている内容を正確に日本語に直す練習をしましょう。また、大問3[2]以降の問題に関しては英文を書きなれていない様子が見受けられます。普段から英作文の問題に積極的に取り組み、書く練習を増やしましょう。【福光校・二上】

 
●数学
大問別の項目
配点
設問のねらい
基本問題
11
基本的な問題を正確に解くことができる。
2次方程式の利用
5
点の移動によって変化する辺の長さを利用して、方程式を立式し、解を求めることができる。
確率
3
あてはまる場合の数をすべて数えあげ、確率を求めることができる。
平面図形
5
あたえられた条件や図形の性質を利用して、合同の証明をすることができる。
関数у=ax2のグラフ
4
関数の問題で、図形の性質を使って求積ができる。
空間図形
3
回転体の表面積や体積などの求積ができる。
規則性
5
図形の規則を見つけ、文字を使った式で表すことができる。
1次関数の利用
4
身の回りにあるものを関数としてとらえ、式で表すことができる。
評価項目 配点 平均点
基本問題       11 9.4
2次方程式の利用   5 3.6
確率         3 2
平面図形       5 3
関数у=ax2のグラフ 4 2.4
空間図形       3 1.3
規則性        5 3.6
1次関数の利用    4 2.3

【 採点者からひとこと 】
今回の模試は,既習内容をバランスよく出題しました。
 全体的にみると,基本的な問題は,比較的よく押さえられているように思います。ただ,関数や図形の応用では,できる・できないに差が出たようです。特に大問4の⑵や大問6の⑶といった平面図形や空間図形の角度や体積などの計量を求めるもの,大問5の⑷や大問8の⑴②といった関数と図形の融合問題や関数の立式については,入試でもよく出題されるところです。今後は,過去の入試問題を解いてみるなど,入試レベルの問題にも慣れていくことが必要といえます。計画的にしっかりと頑張りましょう。
【黒部校・能島】